リノベーション


CASE02

今回も、ほぼスケルトンリノベーション。
お子様も独立され、悠々自適なご夫婦。お二人でゆったりと暮らす。
もともとあった浴室の大きめの窓を最大限生かして、ゆったりしたバスタイムを。キッチンスペースを大きくとってお料理を楽しんだり。リビングを広くとってくつろぎの空間つ゛くりを。そんなコンセプトです。
デザイナーの方がいるわけでもなく、お客様とひとつひとつ相談しながら少し時間をかけて完成しました。

■着工前

まずは物件の概要を。

建築年は昭和49年。結構古い建物。

敷地がとても広く、各戸敷地持分が広い。

プールがあったり、庭や緑も豊か。春には桜がとてもきれいです。

管理状態もとても良好。修繕計画もしっかり。

本質的な価値の高いマンションです。

リノベーションを実施するには最適な状態といえます。いくら室内を改良しても、

共用部分など、建物自体の管理状態が悪ければ、

台無しです。

占有面積は約86平米と広め。

それでは、もとの間取りがらご紹介しましょう。





という間取り。

次に完成間取りはこれです。



ポイントを整理しますと。

まず、1216のお風呂を大きくします。

窓がある明るい浴室



1216とは縦と横のサイズ。

120センチと160センチ。

これを1620に広げて明るくゆったりの浴室を造ります。

次に8畳の和室をリビングと一体化。




リビングドア位置変わります。


オープンタイプ対面式キッチンを採用して、

約22畳のLDKを確保。

和室は淵なしの琉球調畳をいれて6畳から4.5畳に。





収納庫。

広げてウォークインクローゼットに。



トイレ。

あとは、玄関。

収納を交換して、正面に間照明とニッチを。



広くしてすべて入れ替え。





まあ、概要はそんな感じです。

  • リノベーション

    CASE01

  • リノベーション

    CASE02

  • リノベーション

    CASE03

  • リノベーション

    CASE04

  • リノベーション

    CASE05

  • リノベーション

    CASE06

  • リノベーション

    CASE07

  • リノベーション

    CASE08

  • リノベーション

    CASE09

  • リノベーション

    CASE10


ページのトップへ戻る